ヴログ風なら胃~之煮

声優・中國卓郎のヴログです

立体機動に移れ

2011.04.30 (Sat)

皆さん、お早うございますコンニチハ今晩は
「こんにちは」を「こんいちは」と誤入力しがちな中國卓郎です。

確定申告時や職務質問時(受けたことはないですがっ!)に
職業を問われれば

声優

と、応える身としては

言ってみたい台詞ってモノが多々ある訳です

例えば

「ここは俺に任せて行けぇ~!」
「ふっ・・・オマエの力はそんなものか・・・」
「疼くんだよぅ・・・」
「回せ~っ!」

等々ありますが、最近

「立体機動に移れっ!」

が、追加されました。



「進撃の巨人」

諌山創 著



100年間、人類は壁に囲まれた街で暮らしてきた。
100年間、壁は人類を天敵である巨人から守ってくれた。
100年後、人類は恐怖と屈辱を思い出した。

「進撃の巨人」の世界の人類には天敵がいる。
それは他でもない巨人達だ。

しかもこの巨人、全く格好良くない!
どいつもこいつも、その辺にいそうなオッサン顔であり

し か も 全 裸

ナンテコッタ!誰も得しないにも程がある!
※生殖器は無いのでその点だけは安心だ。

そんな全裸のオッサン共は、黙々と人類を捕まえ
無言でガツガツと頭から丸カジリにするのである。

タマッタモノでは無い・・・

この絶望感が読んでるこっちにもビシビシ伝わってくる。
何故だろうか?それはきっと

巨人が言葉を発しないから

ではないかと思う。

仮にもし巨人達が
「グフフ~美味そうな人間共だぜ~!」

等と言いながら追い掛け回していたら、それは童話や御伽噺の
中の(例えば)人間対鬼を連想させ、結果として馴染みやすさ
みたいなモノが、読者の恐怖心を薄めていた様に思えるのだ。

その点、この作品の巨人達は人類より圧倒的に強く、尚且つ
コミュニケーションが取れない存在なので、絶望感&不気味さは
損なわれていない・・・どころか、

度を超えている感すらあるので大安心!

さて、この絶望感や不気味さと言った感覚、ワタシはそれが何となく
イメージできる気がするのである。それは・・・

そう!

「モンハン」でティガレックスやイビルジョーに初遭遇した時の感覚だ。

「なんだよコイツ・・・」 「ふ・・・ふひぃっ!!」


等とビビリながらも向かって行った初クエスト・・・あの時の心情は何処か
「進撃の巨人」に繋がるものがある気がする。

まぁ・・・デッカイ裸のオッサン討伐なんてクエストは、あったとしても
絶対に受注したくない訳だが、この作品の主人公達は文句を言う事もなく
圧倒的な存在(デッカイ裸のオッサン)に、恐怖を抱きながらも立ち向かう。

そんな登場人物達の(ない混ぜな)心情の描き方や、醸し出す世界の空気
=臭いが「進撃の巨人」には満載であり、それが読むものを酔わすのだ。

4、5mから60mオーバー迄、様々な大きさの巨人に対し
主人公達は高速で射出&巻き取りが可能な2本のワイヤーを
駆使して、四方八方へまるで忍者の様に飛び回る。
(なんとなくファミコンソフト「ヒットラーの復活」を思い出した)

そして、カッターナイフの様な二本の剣で巨人に斬り掛かる!
この一連の動きこそが


立体機動。


ほんと・・・

言ってみたい言葉だw

と、

現在、4巻まで好評発売中なこの「進撃の巨人」ですが、
読み進めると、やがてとあるシーンで、この作品タイトルの
意味が解る事でしょう・・・

是非ともゾクゾクっとして戴きたいっ!

しかしまだ物語は序盤であり、所々謎だらけですが
ここから「どうもって行くのか?」がとても楽しみな作品です。

願わくば・・・アレがナニしてああなる展開ではなく、
アレをコレしてソレ基準でむしろソッチ展開を希望します!

つ~訳で1~4巻はSTPの皆から戴いた訳ですが、5巻からは
自腹で購入する事に決めましたよアタシャ!

思えば、以下続刊な漫画を読んだのも買うのも随分と久しぶりな
気がします。

だもんで

うぁああ!つ、続きが気になるぅうっ!
5巻をっ!早くぅぅううううう!!!!

って気持ちが新鮮でっすw


・・・・ぁあっ!?


「ファイブスターm・・・

ナンデモナイデス・・・キニシナイデクダサイ
・・・ふぅ。

コメント

No title
【たくろう】

べったこ胃之60番さん
是非是非~!4冊と今なら調度良い塩梅ですからして。

ptakeさん
まぁなんと言いましょうか“べた惚れ”とまではいきませんが、中々です。完結まではまだ大分かかりそうですが、是非とも心の片隅にでも置いといて下さいませw

bnr34zさん
少しアクのある作品だとも思いますが・・・アタシャともかく、色々な意味で次巻からの展開に注目しております!

成瀬葉さん
ほほぅ♪なかなか鋭いですね!まだまだ作中でも解決しない謎が多数あるのですが、その辺も含めて次巻以降がスンゲー気になってます。

イエローハッソー!胃之陸拾玖番さん
ぶっこみたいです!ただ、共演者の二人を凄い勢いで置いて行く事になるんで自重するつもりですけどもw
No title
最近読んだ漫画or見たテレビの台詞って日常会話で使いたくなりますよね。

今度のドラ祭りには頻出単語である「ちょっとあおられただけですぅ~!」や「回せ~!!」に加えて「立体機動に移れ!」が出ると勝手に予想~。
No title
自分は今回のプレゼントで本のタイトルを知った程度ですが、記事を読んで、なかなか深い作品なのかもしれないと思いました。

人類に“天敵”がいたとしたら。
捕食される側にまわったとき世界はどうなるのか。
世界観と戦い方(立体機動?)に興味が湧きました。

あと記事から読み取って疑問に思ったのは、、、百年間、捕食しなくても生きていられるところ、とか。
どういう設定なのか分かりませんけど、食べなくても生きていけるなら食べる行為の意味が無いように感じました。
人類の殺戮が目的のように感じますね。
なのにタイトルが「進撃の巨人」???。
以上、今の所(本読んでない)の感想でした。
No title
卓郎さん、ヨッシャコーイ!!!!!

進撃の巨人、面白そうですね♪おっとこうしちゃいられねぇさっそく探しにいかないと!
No title
卓郎さんがここまで惚れる作品か…。
だが、あえて完結するまで買わない!それが自分のジャスティス!

んー、とか言って正月休みとかに買ってそうな気もする…揺れるコイゴコロ(?)
No title
おっと本当に長文だw

漫喫に行ったら是非読んでみたいと思います。
No title
【たくろう】

しばそさん
冬目景さん、大好きですともっ!
レンタル屋でバイトしていた頃、バイト仲間がお勧めだからと貸してくれました。「羊のうた」は勿論の事「イエスタデイを唄って」や「僕らの変拍子」なんかも大好きでした!
あ、でもモチロン送って戴かなくても大丈夫ですからw!
No title
こんばんはー。僕もこのマンガは(細かい点を除いて)とても面白かったです。
巨人の不気味さや、もしゃもしゃ人類を食べるシーンを、ちょっとギャグ要素だと思った僕は、なんか歪んでますでしょうか。
文学系少年だった僕としては、イチオシは冬目景の「羊のうた」なんですが、人によっては退屈らしいんで中國さんに送るのはためらってるところです。

管理者のみに表示

トラックバック