FC2ブログ

ヴログ風なら胃~之煮

声優・中國卓郎のヴログです

中國通信vol.90

2019.07.27 (Sat)
皆さん、お早うございますコンニチハ今晩は
高温多湿でイヤンなってる中國卓郎です。

あ、さて

今月のPS+のフリーソフトであります
「DETROIT BECOME HUMAN」
なんですけども…

いや~面白かった素晴らしかった最高でした!好きだ~僕ぁなんかもうとても好きですコレ!!

アンドロイドがあらゆる仕事をこなす未来が舞台のアドベンチャーゲームでして、主人公は数体のアンドロイド達。彼ら彼女達にどんな結末が待っているかはプレイヤーの選択次第と言った感じです。「弟切草」「かまいたちの夜」のサウンドノベルの進化版とでも申しましょうか、物語を読むだけでなく主人公達を実際に動かしつつ時には咄嗟の判断が要求されたりなんかして、飽きる事無く物語にメリメリとのめり込めます!

僕ぁ昔からロボットが感情を持ち葛藤するってなシチュエーションにとても弱くもろにツボ…と言うかフェチなのです!が、それを(何故か)すぐ忘れちゃうもんでたま~にこの手の物語に触れる度に「何だ?この得も言われぬ感情は何なんだ!?」→「ああそうだ!俺はこのシチュエーション大好物だったんだ!!」ってな具合の自問自答を繰り返すのです。

なので大好物な世界観だったが為に素晴らしい作品だ!と思ったのはまぁ当然ですがゲームとして見ても初めて…に近いプレイ感覚でとても新鮮に感じました。例えるなら「逆転裁判」を始めてプレイした時の感覚と言いましょうか…要するにどちらも文章を読む合間に選択肢を選ぶ→やがてクリアってシナリオ重視なアドベンチャーゲームにおける自分の大雑把な先入観を気持ちよくブッ壊してくれた作品であります。

先が気になって仕方ないので休みの日に一気に進めて3日程でエンディングに辿り着きました。が、これがもうどう考えても&どの角度から見ても絶対に正しいエンディングじゃねぇだろ…ってな有様だったもんでここからが本番だと思ってます!しかしこの手の作品は途中であまり時間を空ける事無く継続プレイしたいのでそうすると遊べるタイミングを見極めねばならず…まぁ焦る必要は御座いません。この前、PS+の年間パスを買ったばかりですからして!

コメント


管理者のみに表示

トラックバック