ヴログ風なら胃~之煮

声優・中國卓郎のヴログです

中國通信vol.78

2017.09.30 (Sat)

皆さん、お早うございますコンニチハ今晩は

明日から10月だそうで中國卓郎です。


あ、さて


IMG_20170930_140804.jpg 

「ドラゴンボール ゼノバース2」

(任天堂Switch ダウンロード版)でっす。


1作目の「ゼノバース」がPS3で発売された時からずっと

「良いなぁ…遊んでみたいなぁ」

と思ってました。詳しい内容等は知りませんでしたが、自分が作ったアバターでドラゴンボールの世界にて自由に暮らせるゲームらしい…と思っていたのです。確かTVCMか何かでもフリーザの部下になれる!的な事を言ってましたし。


実際は、タイムパトロール隊の一員となって歴史改ざんを目論む敵の手からドラゴンボールの世界を守る…ってな感じのメインストーリーがあり、様々な登場人物達と派手なバトルを繰り広げキャラを成長させていくアクションRPGっつ~感じの作品でした。


だもんで、フリーザやセルや18号さんや魔人ブーと言った御馴染みのキャラが多数登場するんですが


チミは誰なんだ?


ってなキャラもチラホラ出てきます。劇場版やら過去のゲームオリジナルキャラ(なのか?)やらこんなの俺の知ってるドラゴンボールじゃないやい感を味わわせてくれます


でもって登場人物に修行をつけて貰うと各キャラの必殺技を伝授されるので好みの技にカスタマイズしていく楽しみがあり…ます…が


ん~自分のスキル不足が原因の部分もあると自覚してますがそこを差っぴいても


戦闘がちょいと大味かな~ってのが(現時点での)感想です


攻撃を受けている最中、気力ゲージのマスの数だけ瞬間移動が使えて敵の背後を取れるんですが、この気力のマスの数が多い方が超有利!つ~か強いCPUキャラと闘う時は気力がなくなるともうフルボッコ!回復薬を飲む隙も与えちゃくれません!


が、しかしこれは自分が戦闘をイマイチ把握してない事にプラスしてジャストガード等のテクニックを使いこなせていない事も大きな要因でございましょう!


これから血の滲む思いで反射神経を研ぎ澄ませていけばきっとヒリヒリするコンマ何秒の読み合いを堪能出来る筈であるっ!


…格闘ゲームなんてもうずっとやってない上にもんなぁ…錆付いた反射神経が甦る気がしないぜヘヘッ…


コメント


管理者のみに表示

トラックバック