ヴログ風なら胃~之煮

声優・中國卓郎のヴログです

年末感、加速開始

2016.12.17 (Sat)
皆さん、お早うございますコンニチハ今晩は
軽く二日酔いな中國卓郎です。

日増しに年末感が加速しておりますが先日ふと

「そう言やamazonってプライム会員だと動画だけじゃなくて音楽も無料で聴けるんだったな」って気がついた。

プライムビデオはダウンタウン松本さんプロデュースの
「ドキュメンタル」
そして、くりぃむしちゅー有田さんの「有田と週刊プロレスと」

この2本の配信を毎週楽しみにしてたりしますが音楽は全くのノーチェックだったので試しにAmazon Musicっつ~アプリをスマホに入れてみた。そしたら時期的にクリスマスソングが大プッシュされていたので、ド定番な洋楽クリスマスソングを集めたプレイリストをダウンロードしてみた。恋人たちのクリスマス(マライア・キャリー)やらラスト・クリスマス(ワム)なんつ~毎年必ず耳にする楽曲です。あ、ジョンレノンのは入ってなかったな…

とにかく再生して街中を歩いてみたら心が清らかになる気もするけどそれ以上に

なんとも言えぬ気分になるので即封印。

まぁしかしホント1週間後はクリスマスイブ、2週間後は大晦日だってんですから風邪だけはひきたくないもんデス!

コメント

No title
初めまして。い~のに 聞いてます。

クリスマスの曲は楽しいのも悲しいのも、どちらもちょっと心が寂しくなる気がします。
クリスマスの本国では、その行事が国のはじまりからあって生活に密着していて、
一方 日本はというと、行事の最中にやるお約束をただなぞるだけだと思うんですよね。
なので、日本の場合は自分の生活の流れにクリスマスが乗ってこなくて、「クリスマスを祝ってる他人を傍観する」姿勢の人がすごく多いんじゃないかな、と。

クリスマスソング、邦楽は特に失恋系のが多い気がします。
山下達郎「クリスマスイブ」、
稲垣潤一「クリスマスキャロルの頃には」などなど…。

とりとめのない内容で失礼しました。
No title
ますますますおさん初めまして&胃~之煮お聴き下さいまして有難うございまっす!

確かに邦楽のクリスマスソングは失恋がやたら多いですね。これはきっと、他人が幸せな歌詞よりも聴いててスカッとするからな気がしますw

…なんて邪悪な気持ちを封じ込めつつメリークリスマスでございます!

管理者のみに表示

トラックバック