ヴログ風なら胃~之煮

声優・中國卓郎のヴログです

中國通信vol59

2015.07.18 (Sat)
皆さん、お早うございますコンニチハ今晩は
納豆に刻んだミョウガと鰹節を入れかき混ぜたのをホカホカ御飯に乗せてワシワシかっこみたい中國卓郎です。

あ、さて

DSC_0195_20150718141422d33.jpg

「大逆転裁判」でっす!

ダウンロード推進派なワタクシですが「逆転裁判」「レイトン教授」の2タイトルはパッケージで買うのが俺のジャスティス!

そんな訳で先週の土曜、移動の合間に家電量販店にて購入。
翌日から前情報一切ナシでスタートして現在、五話の途中ですが…ん~

やっとエンジンかかってきたかな?と、こう思っとります!ツカミと言うか没入感と言うか冒頭はその辺が少々淡白に感じました。

しかし相変わらず逆転裁判シリーズのテキスト(文章)はテンポが良くて楽しいですともっ!!この「○○ですとも!」って文体がシリーズファンにゃタマランのです。

一方で最大の売りであり魅せ場である筈の“裁判パート”へ至るまでが作品を重ねるごとに長くなっているのは少々気になる所です。それだけストーリーや人間関係が濃厚に描かれている証拠でもありますが、逆転裁判シリーズの良いところってのは(割と)淡白な、言い換えれば気軽にサクサク進められて気がつくと夢中になっているそのノリなのだと思ってます。

ともかく、指紋解析や銃弾の旋条痕と言った定番な証拠品が登場しない時代、そして陪審員制度を組み込んで裁判に新しい方向性を提示したって点は(好き嫌いは別にして)とても野心的で攻めてるなぁ素晴らしいなぁと思った次第です。

そんじゃ続きやろっと。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック