ヴログ風なら胃~之煮

声優・中國卓郎のヴログです

四川の本気

2015.02.14 (Sat)
皆さん、お早うございますコンニチハ今晩は
大学の第二外国語は中国語だった中國卓郎です。

先日、仕事後の呑み会で中華料理を食べに行きました。
その店はスタジオに近い事もありチョクチョク通ってるお気に入りの店なのです。

お値段リーズナブル!料理美味しい!出てくるの早い!店員さん皆、親切!

もはや客の我らに出来る事ち言えばひれ伏す事のみ!

そんな素晴らしいお店なのですが…

山椒の分量が割りと本気

ってとこは気をつけねばなりません。なんせワタクシ、辛いモノは苦手ですから!
が、唐辛子の辛さには弱いんですが山椒やワサビは意外と平気です。だもんで四川料理とは非常に相性が良い筈だ多分そうに違いない!そう思って今までなんとか生きて来たのです。

そんな訳でその時も、四川風蒸し鶏やお店からサービスで戴いた麻婆豆腐なんかを
「辛っ!美味っ!辛っ!」とキャッキャ言いながらビールでグビングビン胃の中に流し込んでました。

翌朝

ちょっと呑み過ぎたかな?と思ってましたが二日酔いもなくスッキリとした目覚めに気を良くしつつトイレに行ったら

もう地獄!スンゴイ地獄!

僕ぁ唐辛子の何が怖いって翌朝のトイレ…要するに尻です尻!ヒリヒリですわもんそんなもん!
何年経ってもあの刺激にワタクシの粘膜は慣れません馴染めません…もう半ば諦めている訳で、だからこそ唐辛子の摂取量には気をつけているのですが、山椒は今までずっと安全なモノだと思っていた為ノーマークでした。それが今回、初めて大量に山椒を摂取し、その翌日の破壊力を味わい痛感しました。

山椒エゲツネェ!超オッカネェ!!

でも山椒の効いた麻婆豆腐はやっぱ美味いなぁ…。



と、こんな話題の後に恐縮なのですが…

事務所にてチョコレート受け取りました。感謝しながら食べさせて戴きますっ!どうも有り難うございました。

コメント

お出口が
あたたたたた ずっきゅん!

e-350 ガクブル
お大事にー。
その刺激は
唐辛子のモノとは違うのでしょうか?
私も数年前にとあるお店で「麻辣麺」を何度か食し、その後のお尻が燃えるような感じを味わっております。
しかし、これがまた食べたくなる美味さなので。
ぢ主になることを避けるため、過度な摂取を避けることをお勧めします。
No title
成瀬葉さん
やだやだやだやだネバネバネバー♪
つ~訳で翌日には回復致しましたw
御心配、痛み入ります!

ハウスさん
唐辛子とはまた違う辛さ(ヒリヒリよりピリピリした痛さとでも言いましょうか)が際立っていたので、恐らくは山椒の成分の方が多くそいつが主犯ではと睨んどりますw
ホントこれからは唐辛子だけでなく、山椒の過剰摂取にも十分注意して生きていきます!

管理者のみに表示

トラックバック