ヴログ風なら胃~之煮

声優・中國卓郎のヴログです

ホバーでギュン!

2014.04.26 (Sat)
皆さん、お早うございますコンニチハ今晩は
ポテサラはオルテガ…間違えたマッシュ派な中國卓郎です。

でもそれは一先ずとしてともかくドムです

DSC_0471.jpg
箱がデケぇ!同スケールのザクや陸ジムの2倍くらいあります。

あれはそう…今から1ヶ月ちょっと前の3月12日。仕事帰りに立ち寄った新宿のヨドバシカメラにて発作的に買ってしまいました。いやしかしヨドバシさんの何が素晴らしいって、このデカイ箱をスッポリ覆えてしかも中身が透けないレジ袋?があるって事ですよ!イキオイでレジに持って行ったものの、流石にちょっとだけ「これ持って電車に乗る勇気、俺にあるんかな…」と臆病になりましたよだってイイ歳ですから!そんなワタクシの不安を購入したドムと共に覆いつくしてくれたヨドバシカメラさんの心意気もうほんと超ステキ!

ちなみに、購入から作り始めるに至るまでライディーンより随分と前の話なのですが、その辺は恩義を尊ぶワタクシでありますからしてライディーンのヴログ記事を先に書いたって~訳です(ドヤッ!

さてさて、このドムの発売日は…

うはw1999年6月ですか!?

古いキットらしいってのは聞いてましたがノストラダムスと2000年問題が脚光を浴びていた15年前のあの頃ですか~!レンタルビデオ屋でバイトしてたっけ懐かしいわぁ…。いやしかし古いとは言え、非常に完成度の高いキットであるとも聞いとります!そして本来ならザク→グフ→ドムと順を追って作っていきたい所ですがグフは近年、リニューアルされたキット(Ver2)が出てるので古いキットから順に作ったほうが楽しめるとの考えから型式を1つ飛ばしてドムから先に作るのです。(ってグフを作る予定は未定ですけどもw)

前置き長くなりすぎましたがいつも通り説明書は無視して足からいきます!

DSC_0476.jpg     DSC_0489.jpg
まぁゴッツイこと!足の裏を浮かしてホバー走行するにはコレ位のサイズは必要なのでしょうな。かんじきの発想と似たようなもんですよ…多分!

DSC_0491.jpg     DSC_0493.jpg
ザクⅡとの比較。全長はそこまで変わらないっぽいですが横幅の差がトンでもねぇ!ザクⅡがドムを着ぐるみとして利用出来そうですw

DSC_0494.jpg     DSC_0495.jpg
腰パーツ。中は赤い別パーツになってます。完成しちゃえばほぼ見えない箇所ですが、この辺に拘ってこそのマスターグレード!そしてこう言う心意気を感じられると組んでて楽しくなってきます。

DSC_0480.jpg     DSC_0230.jpg
で、プラモを作ってて自分が一番好きな作業が墨入れです!
上記は膝の側面に付くパーツなのですが、溝になってる部分を墨入れ専用のペンで…

DSC_0482.jpg     DSC_0483.jpg
物凄く大雑把に塗ったくった後、めん棒で軽く拭き取とれば…

DSC_0488.jpg     DSC_0480.jpg
陰影がクッキリして良い感じになるのです!
塗装後の左(or上)と塗装前の右(or下)の差は比べてみると結構デカイかと。

専用ペン等と言う軟弱なものは不要!油性の極細ペンと激オチ君こそ至高!

と、ある脚本家の先生が言ったとか言わないとかまぁ言われ続けている訳ですが

僕は専用ペンを使うことを止めないっ!

だって最初に大雑把に塗りたくるのが気軽だし楽しいんだもの。

DSC_0496.jpg
そして全身を組んだ後からでは塗り難い部分だけ先に墨入れしつつ…取り合えず下半身完成。

ってハァやれやれ…画像多いわ文章長いわ、それなのにやっと下半身だわで色々とアレにて申し訳ないこってすが…

続きは近いうちにまたノシ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック