ヴログ風なら胃~之煮

声優・中國卓郎のヴログです

ダブル・タカオ

2013.12.07 (Sat)
皆さん、お早うございますコンニチハ今晩は。
京王線とか新線とか未だにボンヤリな中國卓郎です。

たかをさんと高尾山!

そんな企画がいつものメンバー内で持ち上がりまして昨日、脚本家の吉岡たかをさん&島のリョーカさんと高尾山へ行ってキタ。ワタクシ初・高尾山でございます!

今回は結局なんだかんだで皆のスケジュールが合わず随分コジンマリとしたイベントになりましたがそれはそれで非常に楽しかったですw

DSC_0043.jpg
地味な高さが地味に効くリフト。
しかも一人で乗るとスペース広すぎて心もとないったらない!
高所恐怖症の僕ぁ下を見ない様ずっと前方の島さんの後頭部をガン見してました。

DSC_0050.jpg
食べてませんがももクロかなこしおり食べました
…なんて書かれたらそりゃ食べますよだって俺ぁモノノフだからっ!ミルクソフトクリームにゴマを(好きなだけ)振りかけて食べるらしいですが…まぁかけない方が素敵な気がしなくもないですハイ。

DSC_0048.jpg
たかをさん…否!高尾山薬王院
中腹にありましたが頂上感タップリな存在感が素敵。

DSC_0049.jpg
高尾山と言ったら天狗と山伏!いや行くまで知らなかったですが…
ともかく力強くて良い御尊顔!

で、今回のメインイベントが

1386299708333.jpg
はいコレ!この薬王院の精進料理を食べる事!
…であったと二人から現地で知らされましたw

1386299834278.jpg 1386299902523.jpg
五穀ごはんとなめこ汁
蓮根に味が滲みてて美味しかったなぁ。赤だしのなめこ汁も素晴らしかった!

1386299891417.jpg 1386301431675.jpg
秋茄子とトマトの吟醸焼きとお汁粉
もう肉なんていらない…と思わせてくれるクオリティ。五穀ごはんと合うわぁ!
甘すぎない上品なお汁粉はお代わり自由でしたが満腹で一杯で限界にて無念です。

DSC_0047.jpg
山頂にて。リフト降りてから徒歩15~20分くらいだったかな。
右端の稜線奥に「え?目の錯覚でしょ?」
ってくらい凄まじくウッスラと富士山が見えとります。

DSC_0053.jpg
堪能して帰路へ。

満 喫 !

なんだか近年、高尾山人気がスンゴイ事になってるそうですが平日の12月って事もありとても空いていたのでノンビリ楽しめました。しかも雲ひとつない快晴ときたもんだ!

で、初・高尾山だったワタクシは

高尾山=精進料理の美味しい場所

と、心に書き留めました。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

« 序章  | HOME |  #2 »