FC2ブログ

ヴログ風なら胃~之煮

声優・中國卓郎のヴログです

指定期間 の記事一覧

中國通信vol.90

2019.07.27 (Sat)
皆さん、お早うございますコンニチハ今晩は
高温多湿でイヤンなってる中國卓郎です。

あ、さて

今月のPS+のフリーソフトであります
「DETROIT BECOME HUMAN」
なんですけども…

いや~面白かった素晴らしかった最高でした!好きだ~僕ぁなんかもうとても好きですコレ!!

アンドロイドがあらゆる仕事をこなす未来が舞台のアドベンチャーゲームでして、主人公は数体のアンドロイド達。彼ら彼女達にどんな結末が待っているかはプレイヤーの選択次第と言った感じです。「弟切草」「かまいたちの夜」のサウンドノベルの進化版とでも申しましょうか、物語を読むだけでなく主人公達を実際に動かしつつ時には咄嗟の判断が要求されたりなんかして、飽きる事無く物語にメリメリとのめり込めます!

僕ぁ昔からロボットが感情を持ち葛藤するってなシチュエーションにとても弱くもろにツボ…と言うかフェチなのです!が、それを(何故か)すぐ忘れちゃうもんでたま~にこの手の物語に触れる度に「何だ?この得も言われぬ感情は何なんだ!?」→「ああそうだ!俺はこのシチュエーション大好物だったんだ!!」ってな具合の自問自答を繰り返すのです。

なので大好物な世界観だったが為に素晴らしい作品だ!と思ったのはまぁ当然ですがゲームとして見ても初めて…に近いプレイ感覚でとても新鮮に感じました。例えるなら「逆転裁判」を始めてプレイした時の感覚と言いましょうか…要するにどちらも文章を読む合間に選択肢を選ぶ→やがてクリアってシナリオ重視なアドベンチャーゲームにおける自分の大雑把な先入観を気持ちよくブッ壊してくれた作品であります。

先が気になって仕方ないので休みの日に一気に進めて3日程でエンディングに辿り着きました。が、これがもうどう考えても&どの角度から見ても絶対に正しいエンディングじゃねぇだろ…ってな有様だったもんでここからが本番だと思ってます!しかしこの手の作品は途中であまり時間を空ける事無く継続プレイしたいのでそうすると遊べるタイミングを見極めねばならず…まぁ焦る必要は御座いません。この前、PS+の年間パスを買ったばかりですからして!

ストリ~ミン

2019.07.20 (Sat)
皆さん、お早うございますコンニチハ今晩は
夏休みが始まった様ですね中國卓郎です。

この春にPCを(仕方なく)買い換えた訳ですが、いや~結果的に大正解でした!数日前からPC必須!ってな事態に遭遇しとりまして直前にアタフタせず済んで本当に良かったであります!

そんな中、ここ最近スマホの挙動が少々怪しかったりします。しかしコレは故障と言うよりメモリやらストレージ容量やら色んなものがパンパンになってキタ事による重さが原因だと思うのでまぁ仕方ないかなと。そろそろ購入から一年が経ちますがバッテリーの劣化は感じられないので来年までは余裕でイケそうです。で、来年の今頃に手頃でソソる機種が発売されていたら良いなぁ。

LV!

2019.07.13 (Sat)
皆さん、お早うございますコンニチハ今晩は
梅雨寒が続きすぎて驚いてる中國卓郎です。

と、そんな肌寒い雨が降っていた先週の日曜に

BABYMETAL名古屋公演のLIVE VIEWING(長いから以下LV)に行ってキマシタ!

要するに映画館でLIVEの生中継を観たって訳ですがワタクシLV初体験でした。映画館とは言えそりゃメイト(=ファン)が集まる訳DEATHから失礼の無い様にキャップ&Tシャツはしっかりフォーマル装備で行かねば!と思っていたら気温が低すぎて(しかも夕方からだし)Tシャツ一枚で出かけるなんて無理…と、こんな時こそ会員限定通販で購入していたパーカーだっ!と、テンションを高めつつ会場到着。

DSC_0353_20190713072915a8a.jpg
会場は日本各地の(主に)TOHOシネマズだったのですが自分の行った会場は200座席が完売となっていました何より何より♪

DSC_0355.jpg
入場時にLV特典のコレ貰いました。

チケット入れ…らしいです。雨の日に濡らしたくないLIVEチケットとか入れてね!ってなグッズなのでしょう。野外フェスとかに宜しいのじゃないすかね。ちなみに今回のチケット代はこの特典がついて4500円でしたが適正価格だなと!(個人の感想DEATH!!)

いやしかし何か…思ってたよりもベビメタTシャツ着ている人がいないじゃないすか…この寒さの中、Tシャツのみで来ているツワモノも中にはいましたがインナーに着てる人も思っていたより少なくて全体の3割くらい?会場を埋め尽くす程の黒Tシャツ!って光景が見られると思っていたのでちょっと拍子抜けっつ~か残念ではありました。

そして凄まじく久々に映画館に行ったんですけど「映画館のスクリーンって大画面なのが売りだけどブルーレイや4K!8K!って高画質が当たり前な今じゃ薄らボンヤリしててちょっとアレだよな~」と思っていましたがLVではそれが逆に非常にイイ感じに作用しとりました!

と言うのもスクリーンの画質がLIVE会場独特のモヤのかかった雰囲気に非常に似ていて逆にリアルなのです!お陰で没入感が素晴しい!!

会場の雰囲気も拍手をしたりどよめいたりはしてましたが、ほぼ普通の映画を観ている時と同じ感じ。今回のLIVEは去年一年間の外典=ダークサイドが終わってから初のツアーでありしかもこのLIVEは

MOA-METALさんの生誕祭

しかも20歳の!

と言う側面もあったので個人的には派手に盛り上がるよりじっくり音と映像を楽しみたいと思ってました。その為に新宿や六本木辺りの派手に盛り上がりそうな映画館を外して応募していたのですが結果は大正解で、音響(音量)もまぁ満足できましたしホンノリと一体感を感じつつ初LVを堪能して来ました!

いやホントにLVってイイすなコレ!今秋の新アルバム発売後さいたまスーパーアリーナ&大阪城ホールでLIVEがあるのですがまたやってくれないかなぁ…

あったら イク、ゼッタイ!!

メギドの日っ!

2019.07.06 (Sat)
皆さん、お早うございますコンニチハ今晩は
そう言えばまだあまり蚊に刺されてないなと思った中國卓郎です。

上半期が終わり7月に突入しまして要するに

7月2日=メギドの日(2度目)

だった訳ですが今回のサバトの結果は…近日配信予定の「胃」にて動画付きでお伝え出来るのではないかと思います。つまり後はnsgkクンの頑張り次第ですw

そして今週木曜に発売された週刊ファミ通さんも無事入手しました!

DSC_0352_20190705140513819.jpg
表紙を飾るまでになりましたよ「メギド72」が!

DSC_0351.jpg
しかも裏表紙も!!

はぁ~ほんとシミジミ嬉しくスゲェこってすよ…

ヒットする確率が低いと言われる完全オリジナルタイトルをオープンβ版から2年近くかけて大幅改修したメギドですが、そりゃ「宣伝費まで開発費に突っ込んだ」と冗談めかして語られた開発スタッフさんの言葉にも信ぴょう性が増すってもんです。

プレイしてみれば独自のゲーム性や世界観やBGM等、秘めたポテンシャルの高さを感じられるものの2017年12月のサービス開始直後はお世辞にも順調とは言えない状況でした。それから約4か月後のゴールデンウイーク頃、少しづつ遊びやすい改良が施されるとそれと同時にこれまた少しづつ、本当に微々たるものでしたがtwitterを始めとするネット界隈でメギド72と言う単語が散見される様になりました。

その年の夏コミではブース設営が無かった為に、炎天下の最寄り駅にてプロデューサーさん自らがスタッフさん達と共に無料グッズを配布していました。コミケ直前にサービス開始された同社のアプリゲームはコミケ内にてブースを構えていたと言うのに…と、本当にメギドのスタート直後のエピソードを並べるとドラマチックでグッときます!

「胃」やtwitterでもよく言っているのですが、なんつ~か売れないアイドルや弱小スポーツチームを応援しその成長をリアルタイムで目のあたりにしているファンの様な気持ちになるのですw

この約一年半、毎日起動させていますがそれは義務感とか強迫観念ではなく遊びたいと思っているからであり、飽きっぽい自分をここまで続けさせるなんてホントそれだけでメギドってスゲェ!とも思います。来年のメギドの日…と、その前に年末の2周年が今から楽しみです!

あ、それとファミ通ですが欄外のメギド愛って企画にサレオスとグラシャへのメッセージが掲載されていたのとても嬉しかったです!!てっきり、あいうえお順に掲載されていると思っていたのでクロケルからデカラビアに飛んだ時にちょっと悲しかった分、後半に発見した時の嬉しさったらありませんでしたw

投稿して下さった皆様、どうも有難うございました!!
 | HOME |