ヴログ風なら胃~之煮

声優・中國卓郎のヴログです

FSS の記事一覧

14巻マッテマス…イツマデモ…イツマデモ

2016.03.05 (Sat)
皆さん、お早うございますコンニチハ今晩は
昔の友は今も友だった!と昨夜、終電間際の電車内でニヤニヤしていた中國卓郎です。

で、

「FSS」(ファイブスター物語)なんすけどね?

9年ぶりの単行本が発売されて半年、最新設定資料集「DESIGNS5」が発売されましたっつ~かされてました(発売か約一週間後に気づきました)

そんじゃまぁと仕事帰りに地元の書店に寄ってみたものの売ってない。最新刊はおろか1~4巻の姿かたちすらないのでまぁ置いていないって事なのでしょう。その後、2店の書店にも行ってみましたが入手叶わず。まぁ予想通りではありました。設定資料集な上に一冊三千円近くする書籍なんてそりゃ入荷したとしても数冊でしょうし。

だもんで三件目の書店から自宅までの帰路にスマホを取り出しネット注文。翌日に届きました。

ん~ホントねぇ…町の書店は大変だとは思います。しかしながら僕ぁ本は電子書籍があるならそっちを選んじゃうライフスタイルに移行しちゃってるので書籍の売り切れって久しぶりに味わいました。

なんせ「FSS」はこの設定資料集はモチロンの事、単行本も未だ電子書籍化されていないのです。が、きっと今後もしないでしょう。永野センセってのはそう言う御方です。ええワカッテマストモ…

ともかく!町から書店が消えて行くってのは非常に寂しいです。って殆ど書店で本を買わない自分が言えたもんじゃない訳でイヤしかしなんともジレンマな気分ではあります。

そしてそんな複雑な感情を一旦置いといて届いたブツ↓を熟読開始!

DSC_0701.jpg

はぁタマラン! 至 福 っ !!

各惑星、各騎士団の食料事情の考察とか非常に面白かったです。今後のストーリーを想起させる様々なキーワードが脳にグビグビ注ぎ込まれる度にワクワクがトマリマセヌ!

…そりゃクドイ様ですがモーターヘッド(ロボット)はゴティックメードっつ~名の鳥ガラみたいなデザインになっちゃったけどでもやっぱ「ファイブスター物語」はサイッコーだぁぁああああ!!

…いやしかしシリーズ物として刊行されてるのに、こうも↓大きさがバラバラっつ~のは…ぐぬぬぅ

DSC_0699.jpg

5巻<1~3巻<越えられない壁<4巻

4巻は読むだけでかなりの技術と体力が要求されました。今回の5巻は最小サイズとなりましたが(↑の写真だと1~3巻の方が小さく見えますけど…)一番読みやすくて内容ともども非常に素晴らしいなと!以降このサイズで統一して戴けると非常に嬉しいと思いましたが

センセがそんな事する訳ゴザイマセン

ハイ問題アリマセン!!

9年?問題ない!一瞬だったぜ?

2015.08.15 (Sat)
皆さん、お早うございますコンニチハ今晩は
腰がカッチカチな中國卓郎です。

今週の月曜、もう本当に待望の新刊(13巻)が発売されました

ファイブスター物語のっ!

実に9年ぶりの新刊ですよ9年!!

しかも今回は色々あった後、初の巻であり単行本派の僕ぁ未読だった為、ワクワクするやらハラハラするやらなんとも複雑な心境でしたが取り合えず、おさらいを兼ねて11巻から再読開始

DSC_0258.jpg

むぅ…全然、新鮮味がねえ!

って9年ぶりな訳ではなく既刊はちょくちょく再読してるから当たり前である…。

そして11~12巻を読み終えいざ新刊!

タッハー!やっぱ面白ぇぇえええ!!!!

数々の理不尽なまでの名称&デザイン変更を脳内で変換する作業に当初は戸惑いましたがでもそれを差っぴいて余りある満足度っ!

そりゃ27年近く追っかけている作品だもの…我々訓練&調教され過ぎた読者(信者)は積み上げてきた覚悟が違うのよ覚悟がっ!

MHからGTMと様変わりして針金みたいにひょろ長くなちゃったロボット達も次第に見慣れて来てバーガ・ハリの正面画なんか「あれ?カッコイイじゃん!」と普通に思えてしまったけど

ダッカスは無理でした…

あと今巻はクリスやランドの少女漫画的な展開が非常に良かったです!

特にランド!もうずっと前からスバース隊に入隊するって設定は知ってましたが物語として描かれるともうタマンナイ!!ギラさんのキメ顔&キメ台詞も効果抜群でこのシーンに鳥肌を誘い込む良い仕事してましたw

そしてダッカスはアレですが自分が「FSS」で一番好きなキャラであるデコースが今回もまたサイコーじゃないすか!単に加齢で丸くなったと思わせて…イヤイヤ!元からとても優しいツンデレですもん!

でもって次巻以降に描かれるであろうツラック隊のベラ国攻防戦もこりゃ非常に楽しみですが単行本で読めるのはさて何年後なのやら…

問題ない!

DSC_0259_20150815175749dc1.jpg


設定資料集と既刊を穴が開くほど凝視しながらただひたすら待ち侘びて

生 き る っ !!!

バッ…いやダッカスなん…だよな

2014.03.15 (Sat)
皆さん、お早うございますコンニチハ今晩は。
確定申告を終えてスッキリな中國卓郎です。


DSC_0460.jpg
ファイブスター物語(略してFSS
DESGINS4でっす!

ワタクシの愛読書…いやもはや「風の谷のナウシカ」の原作と合わせて教典とかもうそんな意味合いの「FSS」の設定資料集兼画集ってな内容の書籍ですが

デケェ!容赦なく否応なく豪放に傲慢に凄まじくデケェ!!

DSC_0463.jpg
標準的サイズな単行本との比較

…ん~イマイチ伝わりづらいかもですが、とにかくデカくて読みにくいったらねぇですw

しかも

DSC_0465.jpg
1~3巻迄とデザインはおろかサイズも違う!

「だってコッチの方が良いんだモン☆」的な永野護センセの突発的思いつき的我が儘的読者への嫌がらせ的独創的な発想!

モチロン文句ないです!

「DESGINS新刊を刊行して下さいますならば畳6畳分のサイズまで問題ないでアリマス!」と、訓練されて25年以上の我々読者ならば既にそれくらいの覚悟は完了してますから。

ロボットの製造型番や製造者達の相関図、はたまた16以上に及ぶ各国家のパワーバランスから国主の情報に至るまで!毎度デカい本に微細に散りばめられた文字を一字一句読み漏らすまいと大興奮で熟読ですよそんなもん!

で、全く関係ない項目にとある重要ワードが書かれていたりなんかして(つーかそんなんばっか!)それに気づいた時は

「なん…だと!?」とか言っちゃうの!モチロン声に出してw!それがもうホントたまんない!

いや…まぁ確かにアレ以降大好きだったロボットのデザイン群が全てなかった事にされちゃってさ…まだまだ新デザインには馴染める気がしないけどさ…

DSC_0512.jpg
MH(モーターヘッド)ナイトオブゴールド。荘厳で高貴でありながらこの異形っ!ハァ今やなにもかもが懐かしい…もう二度とこの機体が描かれる事はないのか…。

でもでも!ついて行く!アタイ、センセに一生ついて行くんだかんね!

と、またマインドコントロールダムゲートコントロール補強されましたシヤワセですハイ。

ただ今回は初めて連載中に刊行されたDESGINSなので本誌未読で単行本派の自分にはネタバレ満載過ぎる為に薄目でチラ見しつつ単行本発売を心の正座でお待ち致す所存にござります!

でも巻末でセンセが「単行本は近いうちに出ます」ってコメントされてたのでその言葉を糧に楽しみにまってます。

…ちなみによく調教訓練されているFSS読者の「近いうち」の解釈は5~6年くらい迄なら余裕なのだ!


で、話は変わりまして最近スッカリ忘れてましたが久々に…

「東京喰種 トーキョーグール」レビュー書かせて戴きました。イヤハヤ最近のヤンジャンのイキオイは凄いですなぁ。

ダムゲート・コントロールはバリ3です

2013.04.13 (Sat)

皆さんお早うございますコンニチハ今晩は
ももクロさんの新譜について書いてる場合じゃなくなった中國卓郎です。

トンデモナイコトガオコッタ

「FSS」が…俺が愛して止まない「ファイブスター・ストーリーズ(物語)」がっ…

FSS=ファイブスター物語について説明するのは非常に難しい。何故なら真摯に説明しようとすればする程に長くなり、結果として聞いている方が「もう無理…シンドイ…」ってな状態になってしまうからなのだ。そこで敢えて…本当はもう長文で濃厚にコッテリと語りまくりたいのだがシンプルを心がけて皆様に説明してみたく思う

「ファイブスター物語」とはSFロボット漫画でアル!

そしてこの「FSS」の凄いところであり最大の魅力は、美しく格好良いロボットのデザイン群と尋常じゃなく膨大な設定資料の数々にある!

一冊で数千円する資料集で新キャラの存在を知り、その活躍をアレコレ想像する。それから10年近く後、漸く新キャラが漫画に登場するも僅か数コマで死亡。唯一のセリフは「うわぁ」のみ。

それが「FSS」!そりゃもう今まで度肝を抜かれた事は色々ありましたし枚挙に暇はアリマセン…そもそも、この四月まで

「映画作りたいからちょっと休むわ!ちなみに映画はFSSと関係ないから☆」

とセンセは仰り年近く休載していたのです。だからもう我々古参の読者は何があっても驚きません。ただ粛々と日々を過ごし「嗚呼、何時の日か願わくば連載が再開したならこんなに嬉しい事はない」と健気にヒタムキニ生きて参ったのです。そして先日10日、待望の…気が遠くなるほど待ち焦がれた連載が再開され、その内容を知った僕は

気 を 失 い か け ま し た

だって9年経ったら突然、ロボットの名称とデザインが全くの別物になってたんですもの!

確かにと言う歳月は経ちましたが、作中での経過時間は精々数週間です。なのに突然、それこそ問答無用の超大幅な設定変更であります。

「ドラゴンボール」に例えるなら…先週号で天下一武道会2回戦に進出した悟空が、今週号から何の説明もなしに別人になり名前もピエールに変わってた!みたいなもんです。

しかも!新しくなったデザインが…デザインが…

か、かっこわr…嗚呼、駄目だ言えません!だってアタイってば25年近くも訓練された読者なんだもの…このダムゲート・コントロール(旧名マインド・コントロール)は容易く解除されない…けど…けど…

センセイッ…俺のバッシュとシュペルターを返してお願いっ!!

無骨で鎧武者の様なバッシュ、そして格好良さの中に優雅さと気品を兼ね備えたシュペルター。この2機のロボットが僕ぁもう好きで好きで…デザイン画で白メシ5杯は食えますよっ!それが…それがっ…ううっ…

か、かっこわりいよおぅ!(あ、言えた♪)

でもって名前もダッカスとかデムザンバラとか、なんかこう飲み込み難いモノになっちまったし!これはつまり、あの名台詞「ここから見るLED・ミラージュは美しいね」は

「ここから見るツァラトゥストラ・アプターブリンガーは美しいね」

になる訳か…。なんだよツァラツゥ、トゥ…長いしピンと来ないし噛まずに言える自信ないしホントもう嫌だわぁ!

そもそも、数年前に今までの細かな変更をまとめた単行本の改訂版を出したばかりなのに…今度は改々訂版を出すって事なんでしょうかね!?まぁそれに関しては

訓練された読者なのでヘッチャラです!

でもでもデザインが…ホントもう…デザインが…しかし、しかしである!実は今回の件はセンセの高度で壮大な釣りだったとか飽きたから元に戻そっと☆」的な事が簡単に起こるのが「FSS」なのだ。だから僕はこれからも読者で有り続けるしもっともっと精進しなきゃいけないよネ。

そう!黒騎士デコースにどんな罵詈雑言を浴びせられてもヒタムキに耐えるESTの様にっ!僕らはこれからも何があろうとセンセについていくだけなのだ。

ホント「ファイブスター物語」の読者は楽ぢゃねぇぜハッハー!

「Q」はきっと行かないです

2012.11.03 (Sat)
皆さん、お早うございますコンニチハ今晩は
「とびだせ どうぶつの森」 発売まで一週間を切ってOH悶絶~!な中國卓郎です。

映画を観に行こうとキメタ

いや普通ヴログに書くべきは映画に行く決意ではなく映画の内容であるべきだろう。つまり今、書くべき事ではなく観て来た後に書くのが正しいヴログの有り方である

…とは思う

しかしだ?このワタクシの場合、少々事情が異なる。

ワタクシは劇場が嫌いだっ!!

と、言うと(多少)語弊がある。この場合「苦手だ」と言うのが正しいかもしれない。

☆上映開始時間にコチラが合わせなければならない
☆周りの観客の行動、音を気にしたくない
☆ずっと同じ姿勢で観続けるのがダルい
☆料金が高い

と、数秒でこんなに不平不満を挙げられるばかりか、DVDをレンタルすりゃ上記の問題は全て解決されると思っているのだからイヤハヤなんともである。

勿論、劇場へ観に行く利点ってのも(多少は)知っている。が、しかしその多少の利点を軽く吹っ飛ばす最重要問題が常にワタクシの前には立ちふさがっているのだ。

トイレに行きたくなったらどうしよう

コレでありコレにつきる!

ワタクシはトイレの近さには定評が有る。途中、尿意に襲われたとしてトイレに行き難いあの座席通路の狭さ!周囲の人々に迷惑をかけず席を立つのは至難の技であろう。ならばとジッと我慢する。イヤそれはそれで当然シンドイ訳で、だからなるべく上演前は水分をとらない様にせねばなるまい。中でも利尿作用のあるコーヒーなどは厳禁であり…

とか気を使う事がそもそもシチメンドクセェのである!

とは言え、確かに頻尿ではあるが大抵映画一本分くらいはナントカナル。しかし「もしも」を考えてしまうとDVD化を待つ方が遥かに気が楽と言うものだ。そんなワタクシが映画館に自主的に独りで行こうと言うのである!コレは間違いなく「中國卓郎の2012年 衝撃部門」第一位な事件なのだ!(しかも独りで映画館って初体験である)


中2(色々な意味も含む)の頃から大好きな漫画作品がある。作者のセンセが「映画を作る!」と言い出し2004年から現在に至るまでずっと休載中ってなアリサマの作品である。

そんな8年近くも読者に「待て!」を強いたセンセの映画がついに完成したのだ!しかも休載中の作品とは一切関係ない別作品の映画が!

とは言え、我々訓練された読者達は理解(わか)っているし渇望(しんじ)ている!両作品が実はリンクしていて連載再開後には映画を観た者達をニヤリとさせる複線が満載な筈だと!

だが劇場が苦手なワタクシはいつもの様に「ま、DVDが出たら観るか」などと思っていた

昨日までは…

ちょいと気になりネットで映画のレビュー等をちらっと観ていたら…想像していた以上に心騒ぐネタバレを知ってしまったのである!

コレはヤバイ!矢も盾も堪らずってなもんだハァハァ。嗚呼、もう…頻尿とか言ってられっか!

そんな訳でワタクシは映画を観に行こうとキメタ

ちなみに

自腹で映画を観るのは実に「千と千尋の神隠し」以来であります…。


 | HOME |